services-hero-bg

OTエキスパート
によるサービス

SCADAfenceはより広範なサービスにより、
産業ネットワークのデジタル化や
OTセキュリティ専門家不足に悩む
資産のオーナーをサポートします。

OTセキュリティ評価

産業ネットワークのエクスポージャーに不安を抱いていたり、OTセキュリティの新しいプロジェクトを立ち上げることに躊躇しているなら、SCADAfenceのOTセキュリティ評価がぴったりです。

セキュリティ評価には産業ネットワークのリスク分析とインフラのセキュリティ体制も含まれています。評価プロセスの過程でネットワークの資産をマッピング、有用な通信パターンを検出してセキュリティの問題を見つけ出し、その問題を低減するための推奨事項と調査結果の詳しいレポートを作成します

OTセキュリティの
ワークショップ

OTセキュリティに関するリスクと懸念が近年急速に高まる中でより広範な理解が求められています。産業ネットワークのセキュリティに関する上級管理職員の知識のアップデート、最新のセキュリティ問題や一般的なベストプラクティス関するチームのトレーニングなど、必要な学習内容に関係なく、当社のワークショップがOTセキュリティ戦略に関する業界トップの専門家の知見を提供します。

trends-in-ot-attacks-icon
OT攻撃の傾向と過去の攻撃分析

OTに対する最新の脅威の傾向を理解して、Havex、Industroyer、Black Energy、Trisis、WannaCryなどによるOTに対する近年の攻撃シナリオを分析し、ITの一般的な攻撃とOT特有の攻撃の違いに焦点を当てます。

network-topologies-and-security-icon
ネットワークトポロジーと
セキュリティの弱点

敵の目を通して、一般的なネットワークトポロジーとそのセキュリティ上の弱点を確認します。

best-practices-and-steps-icon
OTセキュリティの
ベストプラクティス

OTセキュリティのベストプラクティスとそれを実現するための段階的な手順を学習します

インシデント対応と
フォレンジック

OTやICS環境でのインシデント対応はITのそれとは大きく異なります。OT環境で既存のITインシデントの対応策を当てはめようとしても、考慮すべき事柄や優先順位が異なるため、被害の拡大を招いたり、意味のない対応に終わったりする可能性があります。

当社の対応チームはOTの経験とセキュリティの理解を適切に組み合わせ、危機的状況でも理想的なサポートを全世界で24時間365日提供しています。

IT-OTのシンクロ

ITのセキュリティオペレーターのプラクティスは、大抵の場合OTのそれよりも成熟しています。それぞれの環境は異なる特徴を持つ別の世界です。たとえば、ITで特定のエンドポイントを隔離することは、違反行為が発生した場合の一般的な措置ですが、OTでは資産を隔離すると生産が中断して、大きな損害が発生する恐れがあります。

ITとOTの世界をシンクロさせるために、当社では次のサービスを提供しています

creating-ot-playbooks-and-response-procedures-icon
OTの対応マニュアルと対応手順の作成 –

当社の専門家チームが貴社のSOC部門と協力して既存の対応マニュアルを将来的なOTインフラのインシデントに対応できるものにアップデートします。

gap-analysis-icon
ギャップ分析 –

ITとOT両方でセキュリティプラクティスの現在のプロセスとフレームワークを確認して、セキュリティ対応のギャップを解消し、複雑なOTインフラに特化したベストプラクティスを提案します

constructing-an-adaptive-framework-icon
順応性のあるフレームワークの構築 –

OTベースのユースケースと既存のOT環境における特定のニーズに対応するために、適応型のセキュリティモデル全体に対するセキュリティコントロールを計画します。

tooling-icon
各種ツール –

セキュリティ運用の日常業務をサポートするために必要な一連のツールを提案します。その一例が、SCADAfenceプラットフォームとDemistoのオーケストレーションやオートメーションツールなどが統合されたツールです。

マネージドサービスとして産業ネットワークを監視・対応

OTインシデントの監視と対応に追加でサポートが必要ならSCADAfenceプラットフォームに対応したマネージドサービスをご利用になれます。厳選された専門家が独自のサービスを提供するために力を合わせてサポートします。SCADAfenceのテクノロジーと業界をリードする専門家の知見を組み合わせることで、OT環境のサイバーセキュリティインシデントにリアルタイムで対応を可能にします。

BG_learning-more-v2

もっと詳しく知りたい?

お問い合わせ