role-it-image

IT・OTセキュリティチーム

SCADAfenceはITとサイバーセキュリティを念頭に、
技術と運用の観点から
ITとOTをシームレスに統合できるように
OTのエキスパートによってゼロから構築されています。

IT-OTの溝を埋める

IT専門家やセキュリティ管理者が自社の産業ネットワークを見ても、そこにはブラックホールしかないかもしれません。
これには2つの理由があります。
1つはITの標準的なセキュリティコントロールがOT環境では役に立たないこと、もう1つはOTチームの最大の関心事がセキュリティではないことです。さらに、ITチームがOTベースのインシデントに直面している多くのケースで、これらの事象が現状のセキュリティ業務のセオリーに当てはまらない、意味のない単語の羅列のように見えてしまうことがあります。
デジタルの可視化
ネットワークのアクティビティやネットワーク内部の固有のセキュリティ問題に関する詳細な情報とともに、OT資産全体を数分で可視化します。ネットワークマップ、通信パターン、トラフィック解析、CVEリスト、インシデント対応のためのフォレンジックデータを継続的に更新して、従来と同じ方法で産業ネットワークを監視できます。
OTの言語理解
産業用コマンドやその他のPLCアクティビティなどの情報はセキュリティに関する経験がいくらあっても、ITではあまり意味を持ちません。一般的なセオリーやインシデントの対応手順は (ほとんどの場合) OTには不適切です。SCADAfenceプラットフォームには産業ネットワークで発生するセキュリティインシデントに対応するのに必要なデータやコンテンツが組み込まれています。
シームレスな統合
SCADAfenceプラットフォームの最大のメリットは、既存のセキュリティコントロールや運用形態にフィットすることです。ほとんどのファイアウォールやSIEMベンダーに簡単に統合して、自動的にセキュリティインシデントへの対応やフォレンジックの実行が可能です。
実用的な洞察
受信トレイのアラート疲れとエンドレスなメールに別れを告げましょう。ネットワーク上で検出された問題は相互に関連付けされ、グループ化されてユーザーに到達する前に対処可能です。内蔵のナレッジベースを使って外出先からのセキュリティインシデントの検出・対応準備が整います
BG_learning more

Interested in learning more?

Schedule a demo