ot-team-header

OTと運用チーム

SCADAfenceはOTインフラの継続的な運用とリスク低減のための
一体型ソリューションで運用チームをサポートします。

運用チーム
成功のためには

OTインフラの評価は現場の運用チームで決まると言っても過言ではありませんが、チームはそのツールによって制限されています。リアルタイムの可視性、リスク管理、アラートが業務の継続性の鍵を握ります。
究極の可視性
SCADAfenceはもう1つの目として産業ネットワーク全体の裏側まで視覚化します。人為的ミス、異常、セキュリティ違反をリアルタイムで検出できるので、業務の日常性を保ってスマートな判断を下せます。
小さな影響、大きなメリット
SCADAfenceプラットフォームはパッシブ型のプラットフォームで、既存インフラに数分でシームレスに接続できるので、業務への影響なしでプラットフォームを導入し、今までにない可視性から大きなメリットを得ることができます。
リスクの低減
可視性とアラートにより社内のインフラに対するリスクが大幅に減ります。人為的ミスでも、サイバーセキュリティ関連のインシデントでも、SCADAfenceプラットフォームはリアルタイムでアラートを発するので、事態にすばやく対応できます。
使いやすさ
自動的にネットワークを分析して、ネットワーク内部のアクティビティに関する詳細な情報を提供します。当社が誇る使いやすいユーザーインターフェースにより、ユーザーは毎日プラットフォームにアクセスして、OTインフラの継続的な運用が可能になります。
BG_learning more

Interested in learning more?

Schedule a demo