BMS-hero

ビル管理システムを
守る

SCADAfenceはビル管理システム (BEMS) の
安全を確保し、 最適化します。
airports
空港
hospitals
病院
hotels
ホテル
data-centers
データセンター
スマートビルの
サイバーセキュリティ
とは
スマートビルには物理的セキュリティ、エネルギーマネジメント、HVACなどの重要システムを最適化するための各種IoT技術が使われており、さまざまなリスクに晒されています。
隔離されていたシステム同士の
接続により新たな攻撃経路が生まれる
重要システムが攻撃に晒されることで
人命や安全に危険が及ぶ
産業ネットワークにルールがないことで
シャドーOTが発生する
ランサムウェア・キャンペーンにより
物理インフラがコントロールされる
smart-buildings-cybersecurity-challenges-image

スマートビルへの移行が加速するにつれて複雑さに拍車がかかり、ビル管理のさまざまな面でデジタル化と管理の一元化が進んでいます。ビルをよりスマートにすることで、エネルギー消費の最適化、運用コストの削減、居住性や快適性の向上、個人の安全やセキュリティの改善といったメリットを得ることができますが、それには同じBMS内部、異なるビル間、さらにはスマート都市システム全体とインターネットに至るまで、BMSのコネクティビティを高めることが求められます。

コネクティビティを向上させることは同時にセキュリティリスクを招くことも意味します。私たちの物理環境をコントロールし、安全と快適をもたらすデバイスは故障や事故、悪意のある攻撃に対してより脆くなり、その重要さゆえに魅力的な攻撃対象となっています。HVACやモーション検知システムのように快適性を追求したシステムでも、悪用されれば悲惨な結果を招きます。オフィスビルでは空調が誤作動しても多少不快になる程度ですが、病院、医療機関など環境に敏感な施設ではわずかな温度変化が大きな被害をもたらしかねません。
また、これに攻撃や故障など他の緊急事態が重なると被害が増長されます。たとえば、火災発生時に防火システム、ドア開閉システム、HVACが同時に故障したら大惨事を招きます。

現状のBMSはサイバー攻撃に対する防御が不十分で、暗号化や認証、アクセス制御のようなメカニズムは採用されていません。また、BMSは潜在的な脅威を検出できる強力な資産管理ツールを必要としています。多くのケースで運用ネットワークの未知で無防備な資産から攻撃ベクトルが見つかっています。

SCADAfenceによる
ビル管理システムの保護
SCADAfenceはビル管理システム (BMS) を可視化し、リスクと脅威を検出するためのツールを提供します。
資産リスト・構成情報を自動生成し
ネットワークを完全に見える化
継続的なネットワークトラフィックの監視と異常・不正を検出
パッシブ型のシームレスなシステム構築で
不要なリスクを回避
人為的過失、設定ミス、機器の誤作動を検出
scad-afence-secures-building-management-systems-image

SCADAfenceプラットフォームはすべてのネットワーク資産の検出とマッピング、継続的なネットワークトラフィック監視、異常・不正動作を特定して、BMSの安全な運用を実現します。

スマートビルネットワークのマッピングをサポート、保護して運用アベイラビリティを向上させます。SCADAfenceプラットフォームは導入後、各スマートビルのネットワーク資産とそれらの役割を自動で検出して、その振る舞いを可視化するだけでなく、資産の振る舞いやトラフィックパターンの監視、ネットワークトラフィックの異常な動作の検出を可能にします。SCADAfenceプラットフォームはネットワーク構成の変更を特定して、デバイスの追加/削除についてアラートを発することでビル内のOTシステムのセキュリティと可用性の維持をサポートします。

BG_learning more

Interested in learning more?

Schedule a demo