機能の概要:

  • IoT資産をマルチベンダーで詳細管理
  • IoTデバイスをサイバー攻撃から守るための対策と実行
  • 自動機械学習+AIで脅威の検出と防御
  • デバイス構成/パスワード/ファームウェア/デバイスの
    脆弱性などあらゆる角度から隠れた脆弱性を管理
  • IoTデバイス資産/構成管理

導入効果:

  • ベンダーやデバイス種別に依存することのない管理性
  • 様々なタイプのデバイスを一括管理/設定変更
  • ビルドインされた予知/防御モデルにより、
    発見されていない脆弱性を発見、修正します。
  • IoTデバイスをターゲットとした攻撃を検知し、
    対応します。
  • エージェントレス

対象IoTデバイス:

  • IPカメラ/ NVRs
  • プリンター
  • IP電話
  • 入退出システム
  • IoTゲートウェイ
  • スマートセンサー
  • スマートTV
  • NAS
  • 他多数

SCADAfence IoTセキュリティ IoTデバイスを正しく管理する

 

SCADAfence IoTセキュリティは、マルチベンダーかつ、複数の種別のIoTデバイスを一括で集中管理を行う
業界唯一のソリューションです。

IT、OTもしくはIPカメラやプリンターなどそれ以外の用途で利用される様々なIoTデバイスを一元的に管理したい、
そんなお客様へのベストソリューションです。

The Challenge

“IoT Manageability is a throwback to IT of 20 years ago” 

(Gartner 2019 Planning Guide for IoT)

IoTデバイスは現代の企業のさまざまな分野で利用されており、また技術の進歩によりネットワーク環境を選ぶことなく利用できるようになりました。ある市場調査レポートでは、現代の企業はワークステーションとサーバーの組み合わせよりも多くのIoTデバイスを企業ネットワークに接続している可能性があると述べています。

多くの場合、組織には複数のベンダーの多数のIoTデバイスモデルがあり、セキュリティと管理のオプションは限られています。 この場合、デバイスの情報、構成、またそれらの動作に対する可視性が低いため、全体的なセキュリティレベルが低くなり、マルウェアやハッカーによるデバイスの侵害のリスクが高まります。

それらの脆弱性の多くは:

  • 重大な脆弱性を内在するサポート切れのファームウェア
  • 古い、もしくは安全性の低いパスワード
  • ネットワーク構成上の脆弱性
  • IoTデバイス単体での異常な振る舞いの未検知

これらにより、IoTデバイスは攻撃者にとって格好の対象となっているのが現状です。
こちらについては、次のblogの内容も合わせてご覧ください(英文)。

blog post.

IoTデバイス管理

  • マルチベンダーでIoTデバイス資産情報を収集
  • メーカ名/機種名/ファームウェア種別を含む詳細な管理
  • 複数のデバイスの設定を一括管理/変更
Interested in learning more? デモをリクエスト

AIによる 自動検知と防御

  • 未知+既知の脅威を検知
  • 独自の自動学習ベースライン機能によりIoTデバイスの振る舞いを学習、
    異常を検知します。
  • 導入後すぐに運用可能
  • 自動もしくは手動による一括構成変更

脆弱性 管理

  • 個々のデバイスの脆弱性情報と対策のための優先位付け
  • ビルドインされた防御モデルにより攻撃対象を制限
  • OS/ファームウェア上の脆弱性を管理
  • 運用ミスも検知
  • ネットワーク構成上の隠れた脆弱性を可視化
Interested in learning more? デモをリクエスト

関連資料はこちら

White Paper

The SCADAfence Governance Portal IEC-62443 Standard Compliance

Video

[VIDEO] SNAKE / EKANS Ransomware Targets Manufacturing & Critical Infrastructure

Video

[VIDEO] Rafa Pharmaceuticals

White Paper

Anatomy Of A Targeted Ransomware Attack

BG_learning more

もっと詳しく知りたい ▷▷▷

デモをリクエスト >